<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

喰の道場、すし屋の鮨はすばらしい。

 今週も外出が多く、実際に働ける時間は短くなるけど、会社ではありえない出会いがあって、おもしろい。そして何より、美味しいランチを食べに行けるのがとっても嬉しい。
 好きになったら、嫌われない限り、とことん好きになるあたしは、またまた喰の道場に寄っちゃった。今日のお店は、ちょっと贅沢して”すし屋”、これがお店の名前なの?、なんてストレートなんでしょう!
 前に寄った三吉さんのびっくり刺身定食があまりに美味しかったので、すし屋さんも美味しいに違いなf0055329_2255493.jpgいとふんだのだ。
 ランチは、鮨とちらしがあるけど、今日は鮨にしましょうかね。
 どうなんだろうな~、とわくわくしながら待ってると、マグロの大トロと、中トロと、赤身が握られてきました。では、順に大トロから。ワオ~、口に入れた瞬間に溶けちゃって、美味しさの余韻だけが残っちゃう。大トロはどこに行っちゃったの?次は中トロ、ウ~ン、こちらの方がマグロの美味しさははっきり分かるわ。うん、いつまでもお口にいて欲しいお味。赤身、これは安心できる味f0055329_2356162.jpgね。でもすごく美味しい。ア~、こんな美味しいお鮨から始まるなんて、嬉しい~。
 サーモンは、ん~、脂がのってて、柔らか~い。これもいいですよ。
 次は貝と、シャコと玉子焼きね。この貝の美味しいこと。ほんのり甘みを感じて、コリャ美味しい。立派なシャコね、でも一口でと、ア~ン、シャコが甘くて美味しい~。玉子焼きもとってもすてき。
 美味しかったな~。と思っているところに、さらに巻物が出てきました。桜えびがいい、かむ度f0055329_0172310.jpgに美味しさが広がってくる。ん~、白魚も美味しい~。これは新鮮でほんといいわ。最後はネギトロまきかな?え、ええ~、これはすごい。こんなすごい巻物は食べたことがない。マグロの美味しいところが、小さな巻物の中に凝縮される。すご~い。
 ファワ~、よく食べました。大満足です。こんなに美味しいお鮨に出会えるなんて、なんてシアワセなんでしょう。やっぱり喰の道場は大好きです。
ではデータです。
店名:すし屋
住所:海老名市中央1-14-26 喰の道場
TEL:046-234-9992
品名:お鮨のランチ
値段:1200円(税込)
評価:4.5
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-31 22:26 | お食事どころ

Emにピッタリのマグカップ

f0055329_22335483.jpg ワールドポーターズに行くと、必ず寄る雑貨屋さん、Best Wishers。「毎日が記念日」をコンセプトに、クスッと笑える品や、キラッと光る品に出会えるお店です。
 何かないかと探していると、なにやら視線を感じる。しかもこの視線は、お笑い系だな。
 その視線の主は、おお、ニャン子のマグカップでしたか。上から見ると伏目がちでちょっとはにかんだ様子、なかなか可愛い。大きなまん丸のカップで、いっぱいまで入れたら、500mlぐらいになるかも?それでいて軽いのもいいじゃない。また取っ手が大きくて持ちやすく、その反対側には、ご丁寧に耳までついてる(笑)
 このマグを見た瞬間、Emをイメージしました。Emはあたしの会社のお茶飲み友達で、毎朝、紅茶の種類を変えながら、入れてあげてるの。Emはマグカップを持ってないので、あたしの予備の小さなカップを使ってもらってたんだけど、このカップだとたっぷり飲めるかな。
 また、眠たそうなEmにヒゲをつけたら、ニャン子に似てるかも?と、この前ふと思ってたもんだから、マグがEmに見えてしまって、お買いあげ。
f0055329_23145943.jpg 早速次の日、Emに持ってもらうと、もうピッタリ。このマグはEmのために生まれてきたんだよ。うんうん。
 ちなみに、このニャン子、上から見ると伏目がちだけど、正面から見ると、鼻の下が長くて、とっても愛嬌があり、可愛い~。

ではデータです。
店名:、Best Wishers
住所:横浜市中区新港町11番地 横浜ワールドポーターズ 1F
TEL:045-222-2177
品名:ニャン子のマグカップ(あたしが勝手に命名)
値段:580円(値引き前は980円だったと思います。)
評価:4.0

PS. EmはB型山羊座のとっても魅力的な女性。頼りなさそうに見えるけど、非常に難しい課題でも、聡明な頭脳と、持ち前の粘り強さでこなしてしまう、今年三年目の優秀な技術者なの。
 紅茶をたっぷり飲んで、いい仕事して、早く偉くなってね。
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-30 23:22 | あたし

すごい草餅です、菓匠禄兵衛

 京急百貨店のまわしもののあたしは、またまた地下食料品コーナーをうろうろしてると、草餅を作り始めているお店に出会いました。
 へ~、どんなんでしょう?見てみようかな。
 搗きたての草餅を職人さんがお餅を千切るんだけど、のびとねばりが半端じゃなく、とっても大変そう。う~ん、これは美味しそうなお餅ね。。
 千切ったお持ちは円盤状に手でのばされたら、多めの餡子がのっけられ、お餅で包まれていf0055329_0535615.jpgきます。この作業を見ただけで、この草餅は美味しいってのが分かるね。う~ん、4個欲しいな。けど、プチダイエット中だからな~、しかたがない、2個で我慢しよう。
 電車の中、食べてしまいたい欲求に何とか耐えながら、なんとかお家に帰り、抹茶を入れ、それではいただきましょう。
 え~、お餅の柔らかいこと。赤ちゃんのホッペみたい。ほお擦りしたくなっちゃう。ん、お餅はほんのり塩味だ。ほろ苦いよもぎがすばらしいね。柔らかいのにねばりがあるから、、うわ~、中の餡子の美味しいこと。この餡子の甘みは、何だろう?体が求めているような甘さだ。すばらしく美味しいお餅にふさわしい、すてきな餡子ね。
 草餅大好きで、よく食べるけど、こんなにも美味しい草餅に出会えたのは初めて、うれしい~。
 後で調べてみたら、餅米は湖北の羽二重餅、よもぎは自家栽培、小豆は十勝産の大光珠を使ってるんだって。選び抜かれた素材と、職人さんの技で、この草餅はできてるのね。納得しました。
ではデータです。
店名:菓匠禄兵衛 居川製菓舗
住所:滋賀県伊香郡木之本町木之本1087
TEL:0749-82-2172
品名:名代草餅
値段:120円(税込)
評価:4.7
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-29 23:42 | 和菓子

今年もユリが咲いてくれました。

 子供のころから野山を駆け回っていたあたしは、野に咲く百合が好きでしたが、四年前、生命保険屋さんに球根をいただいて、鉢に植えたのが最初でした。
f0055329_21224285.jpg ユリの根には、自分を支える下根と、水や養分を吸収する上根があるため、浅く植えちゃうと、上根が十分のびないので、できるだけ深く植えた方が良いのですが、お家の庭は小さく、玄関のアプローチも狭いので、あまり大きな鉢に植えることができず、可哀想なのですが、1年目から花をつけてくれて、植え替えもすることなくそのままなのに、今年もすてきな花を咲かせてくれました。やっぱりうちで育ったユリは可愛いく、きれい。
 ユリの植え付けについて、笑えない話を一つ。ユリが大好きで、初めて庭に植えようとした人が、ユリはできるだけ深く植えた方が立派に育つと聞いて、1mの深さの穴を掘って球根を植えたのですが、ついに芽は出てこなかったそうです。穴を掘るのはさぞかしたいへんでしょうが、f0055329_21512266.jpgユリの高さが1mぐらいですからね~、そりゃ芽はでないでしょう。
 あたしの住む神奈川県の花は山百合ですが、このユリは透かし百合、花びらの付け根が 細く、花びらと花びらの間に隙間がある(透けている)のが特徴です。花の色は選んだわけじゃないけど、とてもきれいな赤で、玄関をとても華やかにしてくれて、うれしい。
 ユリの花言葉は、種類によって色々ありますが、透かし百合は”注目を浴びる”、”子としての愛”。うん、うん、あなたにピッタリの花言葉ね。愛しているよ。
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-28 21:59 | お花

あたしの好きな地元のケーキ屋さん、パピヨン

 今の場所に引っ越し、最初に寄ったケーキ屋さんが、金沢文庫にあるパピヨンでした。
 はじめて会ったときには、喫茶があったんだけど、知らないうちになくなり、能見台店ができたと思ったら、入っていたビルの建て替えで、1年間本店が休業になり、金沢文庫からいなくなるのでは?と、とっても心配しましたが、一昨年、新しf0055329_23572635.jpgくなったマンションの同じ場所に帰ってきてくれて、とても嬉しかった。
 パピヨンのケーキはどれもお勧め。ショートケーキでしょ、チーズケーキも美味しいし、プリンは絶品で、チョコケーキも忘れちゃいけない、とキリがありません。
 でも一つだけしかケーキを選べないとしたら、、、
 究極の選択ね。う~ん、しかたがない、イチゴトルテを選びましょう。イトゴトルテ、とってもステキなタルトです。タルト生地の上に、チョコが薄くコーティングされ、カスタードペーストがたっぷり塗られています。そのカスタードペーストの海に、これでもか~ってくらいギッシリとイチゴを敷き詰めたら、最後に絶妙な甘さのソースがたっぷりとかf0055329_093055.jpgけられてて、一目見て、イチゴトルテのトリコになってしまいました。
 味の方は、美味しすぎ。できれば縦に切って、タルト生地とイチゴを一緒に食べるのが、最も美味しい食べ方。でもイチゴだけを先に食べたいとき、カスタードペーストをたっぷりすくってイチゴと食べると、天にも昇るような、シアワセな気持ちにさせてくれて、嬉し~い。
 あたしは、いつまでもパピヨンを愛し続けんだろうな。
ではデータです。
店名:パピヨン
住所:横浜市金沢区釜利谷東2-16-4(本店)
横浜市金沢区能見台通17-11 (能見台店)
TEL:045-786-3716(本店)
045-784-3112(能見台店)
品名:イチゴトルテ(イチゴのタルト)
値段:3000円(380円)
評価:4.8
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-27 21:55 | 洋菓子

La Maison d'Epice(ラ・メゾン・デピス)はきれいで美味しい

 ワールドポーターズ4Fには、家具や生活雑貨が色々あって、見ているだけでもとっても楽しく、隅からすみまで回っていると、片隅に、紅茶屋さんを見つけました。
 4Fで、しかも家具売り場の隣りね~。こんな場所じゃ、お客さんわかんないよ。多分、お茶もダメだろうな、でもせっかく来たことだし、見てみようか。
 で、店頭の茶葉を目にした途端、あたし感じちゃいました。この茶葉、絶対、間違いなく美味しい!だって、茶葉がこんなにきれいなんだもの。
 うわ~、きれいだな~、この茶葉なら、強めの味にでるから、、と思いながら、茶葉を握り締めて、じ~っと、じ~っと見つめていると、奥から店員さんが紅茶を入れてきてくれました。
店員:グリーン・マスカットティーです。当店自慢の紅茶です。
f0055329_1263627.jpgあたし:(アイスか~と思いながら一口) え?!何なの、この口の中に広がる爽やかな甘さと、上品なマスカットの香りは?
店員:(ニッコリ笑いながら) いかがですか?
あたし:このお茶すばらしいですね!アイスの場合は、口の感覚が鈍くなって茶葉の味が分からなくなって、強烈な香りやなんかで誤魔化されるから好きじゃないけど、このお茶は繊細なのに力強く、それでいてでしゃばらない甘い味と、ゆっくりと変化していく香りのハーモニーは、口に入れてからも 飲み終わった後もとっても心地よい。最高の一杯ですね。茶葉はこれ?やっぱりきれいだな~。こんなきれいな茶葉に出会えて幸せ~。
店員:ありがとうございます。香りを誉めて下さる方はいらっしゃいますが、茶葉がきれいと誉めて頂いたのは初めてです。他のお茶も入れてみましょうか?
あたし:いいんですか?それじゃ、Cocoと、Pear(洋ナシ)が飲んでみたいのですが。
f0055329_1232520.jpg店員:(嬉しそうに)順に入れていきますね。
 それからあたしは1時間もかけて試飲をたっぷりして、たんまり紅茶を買い込んでニコニコになっちゃいました。
 Coco(写真)は、茶葉の中にココナッツが入っていて、とってもクリーミーな甘いお茶。ミルクを入れて飲むと、なおいっそう美味しさが広がってきます。こんな美味しいミルクティーは、飲んだことがありませんでした。
 Pearは、洋ナシの香りが口の中にも広がっていっていき、その香りに負けない紅茶の美味しさはたまりません。どんなケーキにも合う、万能の紅茶で、とても重宝しています。
 これらの紅茶は、ホットがとても美味しいし、アイスにしても味や香りを存分に楽しめます。特に、水で、8時間かけて入れた紅茶は、冷やしてもにごらないので、とっても美味しくて、すてきな飲み物。これからの季節に欠かせません。
ではデータです。
店名:La Maison d'Epice(ラ・メゾン・デピス) 横浜サロン・ド・テ
住所:横浜市中区新港町2-2-1 横浜ワールドポーターズ4F
TEL:045-784-3112
品名:Coco、 Green Muscat、Pear
値段:750円、750円、700円
評価:4.2、4.0、4.8
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-26 23:46 | 飲み物

三度目のルタオ、ドゥーブル フロマージュとロイヤルモンターニュ

 北海道小樽のルタオのプチカレも、ショコランジュもとても美味しいくて、こっちの方に支店を作ってもf0055329_2319361.jpgらえないものかと、いつも思っちゃいますが、それは無理な話、北海道展で再会できるのを楽しみにしておきましょう。って、この前再開できたんです。
 再開できた品は、大人気のドゥーブル フロマージュ、いろんな方が紹介されてるので、あたしはさらっとね。
 ダージリンを飲みながら、フォークですくったフロマージュをお口に入れると、上の柔らかい
層の部分が直ぐに広がってきて、美味し~い、と思ってるところに下の層の部分が溶け出して、また違う味が広がります。食べきったところで紅茶を飲むと、お口に残った美味しい味の記憶がf0055329_23382558.jpgほんの少しよみがえって、もう一口食べたくなっちゃう。シアワセ。
 実はもう一つ、ルタオの品を買いました。それは、ロイヤルモンターニュ、Keiが大好きな生チョコです。ロイヤルモンターニュは、フランス語で「王家の山」なんですって。だからピラミッドの形なのね。おしゃれ~。
 ん、フランス?ピラミッド?何の関係が?ナポレオンがエジプト遠征でスフィンクスを壊したんだっけ?ま、そんなことはいいか。
 入っていたのはダージリンとシャンドゥーヤの二種類。では、まずはダージリンから、うわ~、f0055329_23384758.jpgお口の中に、ダージリンの香りがこれでもか~ってくらい広がってくる。ひょっとしたら、紅茶を実際に飲んでるよりも感じるかもしれない。しかもミルクティーなんだ。またチョコそのものの味もすばらしくなめらかで、これはすばらしい。感動ものね。
 では、次のシャンドゥーヤにまいりましょうか。表面に散らしてるのは、金粉?高級感漂いますね~。エッ!なんだなんだ、ナッツの香りがすご~f0055329_23412444.jpgい。ナッツの味が口いっぱいに広がっちゃった。これはとても手のこんだ生チョコね。表面にほんの少しだけ、硬いチョコの層で形を守って、中はゆっくりの溶けていく、柔らかな生チョコじゃない。美味し~い。
 ロイヤルモンターニュは、どちらもとても濃厚で、二つ食べれば満足。だけど、多分、明日になったら、食べたくて食べたくて仕方がなくなるんだろうね。え~と、あと八日楽しめるのね。やった~。

ではではデータです。
店名:小樽洋菓子本舗ルタオ
住所:北海道小樽市堺町7番16号
TEL:0134-31-4500
品名:ドゥーブル フロマージュ、ロイヤルモンターニュ
値段:1200円、1000円(本当は1200円かも?)
評価:4.3、4.5
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-25 23:55 | 洋菓子

心龍、なんでこんなに美味しくて安いの?

 今週は外出が多く、気苦労は多いのですが、その分、ランチで色んなお店に寄れて、とっても嬉しい。AMのお仕事が早めに終わったので、Toと二人で、中華街ランチを食べることにしました。
 向かった先は、関帝廟の隣、中山路にある心龍。こちらは創作香港料理と上海料理のお店なんだけど、定番もかなりたくさんあります。でも定番でも一味違い、美味しいの。オイルを少なくする調理方法をとってるらしく、ヘルシーさと美味しさの両方を追求しているのもおもしろい。
f0055329_054761.jpg 今日のランチは、”エビとイカのチリソース炒め”と、”豚肉の細切りと五目野菜炒め”にしよう。手羽先の辛味噌あげと春巻も食べれるかな。
 わくわくしながら待ってると、ご飯とスープとザーサイが先に出てきました。スープはどうかな?う~ん、複雑すぎて分からない、干し椎茸と、ホタテぐらいは分かるけど、後は分かんない。でもスーッと入っていく、美味しいお味ね。
f0055329_0533922.jpg エビとイカのチリソース炒めはどうでしょう。あ、クルッと丸まったイカの食感が柔らかくて、美味しい~。チリソースは激辛じゃない、むしろこれは、食欲をさそう辛さにしてるのね。ん~、イカと全く同じ形にしたエビが入ってる。こっちも美味しい~。大きさも食感も同じで、味だけが違うようにするなんて、おもしろ~い。ご飯にもよくあって、どんどん箸がすすんじゃう。
f0055329_0525218.jpg 豚肉の細切りと五目野菜炒め、見た目は地味だけど、これもいい。入っているもの全てから出てきてる美味しさが混ざり合って、何倍も美味しくなってる。たっぷりの野菜が、こんなに美味しくなるなんて、やっぱり心龍はすごいや。いくらでもいけちゃうよ。これもまたご飯がすすむこと。美味し~い。
 手羽先の辛味噌あげと、春巻もすごい。ジューシーな手羽先は、骨をしゃぶって、しゃぶって、f0055329_0512992.jpgこれでもか~ってくらい食べちゃった。でもほんとに美味しいんだからしかたないよね。春巻きも半端な美味しさじゃないね、中に入っている具の美味しいこと。そして、その具をしっかり包み込んだ皮はパリッと揚がっていて、ステキ。
 心龍がすごいのは、ランチの味付けと、アラカルトの味付けが違うところだね。ランチの料理は、味付けが濃いって訳じゃないけど、ご飯に合うように計算された味付け、アラカルトの方は、料理だけを味わうことができるようにしてるんだ。
f0055329_0502551.jpg こんなに食べて、お腹いっぱいになっちゃったけど、最後の杏仁豆腐があまりに美味しかったので、問題なく食べちゃいました。
ではデータです。
店名:美食酒楼 心龍
住所:横浜市中区山下町146
TEL:045-681-5717
ランチ名:エビとイカのチリソース炒め、豚肉の細切りと五目野菜炒め
アラカルト:手羽先の辛味噌あげ、春巻
値段:2310円(総額だって、何でこんなに安いのよ?)
評価:4.5
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-23 23:53 | お食事どころ

昔、昔のお話です。

 5月も後半になりましたね。4月に社会人になられた方は、研修、教育は終わり、職場に配属されて、仕事を始められたかな。
 あたしが新人だったこの時期は、一月間だけ、販売実習をしてました。入った会社はメーカーで、数万円~数百万円の製品や、その消耗品を販売するもの。
 方法は通称“とびこみ“(笑)。アポなしで、片っ端から会社を訪問し、販売するの。当然最初の日は先輩と一緒に付いて回るんですが、二日目からはあたし一人で行かなければならない過f0055329_0513997.jpg酷なもの。
 最初の一週間はきつかったな~。「売ってやる~」って思ってたけど、どこも相手にしてくれなかった。何で世間はそんなに冷たいの?あのときは落ちこんだな~。お家に帰ったら、いつもこんな顔をしてましたよ。
 あまりの辛さに、会社を辞めようかと思ったけど、最初の休みの夜、ふと思いました。
「先輩達ですら、一ヶ月に数台しか売れないのに、どっから見ても頼りないあたしが売れるはずはない。バンバン売ったりしたら先輩達の立場はどうなるの?」
と考えたら楽になりました。そこで残り三週間は、
①売ろうとする考え自体、持つのはやめましょう。
②お客さんが困っていること、思ってることを聞けるだけでいいとしましょう。
③もしも聞けたらとしたら、一生懸命聞こう。
と心に決めました。
 すると1日70社ほど回ってたら、2、3社は話をしてくれるようになり、中には、よその機械の使い方が分からないから教えてくれって言われ、説明書を見て調べたり、その会社に電話して使い方を聞いてるうちに、その機械の不具合に気がつき、修理(無料を確認して)に来るように依頼したりして、大変だったけど、お客さんのためになってることが嬉しかった。
 そんなこんなで楽しく過ごした実習中に売れたのは2台でした。(えらい!)
 でもこれには後日談があって、二ヶ月後に営業所に寄ってビックリ。あたしが名刺を渡したお客さんから、
「Caって若い子から、聞いたんだけど・・・・」
っていう電話がけっこうあったみたいで、その電話がきっかけで何台も売れたらしい。消耗品に至っては、あたしを訪ねてきたお客さんへの売り上げが、営業所の1年間の売上をはるかに越してたらしいの。
 先輩達が後を引き継いでくれたからなんだけど、会社のためにもなったんだと、嬉しかったな。
 その後の会社生活もおもしろいんだけど、今日はこのくらいにしておきましょう。
 おやすみなさい。
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-22 23:59 | あたし

乙女桔梗(オトメギキョウ)、今年もきれいです。

 今の時期に欠かせない花が乙女桔梗(オトメギキョウ)です。この花を7年ぐらい前に見たときf0055329_2214983.jpg、「なんて可愛い、小さなベルのような花をつけるんでしょう。しかもこんなにこんもりと花をいっぱいつけて。」
 この乙女桔梗に出会ってから、キキョウ科ホタルブクロウ属のお花は全て好きになりました。でもやっぱり、ホタルブクロウ属の中では、乙女桔梗が可憐で一番て可愛い。
 花屋さんであは、多分、乙女桔梗の名前はなく、ベルフラワー(カンパニュラってのもあるかも)と呼ばれていると思います。ただ、植物学的には、ベルフラワーはカンパニュラ(釣鐘草)f0055329_222740.jpgなんです。確かに、ベルは小さくて、釣鐘は大きいイメージがあるので、そうなっちゃったのかな?ちなみに、乙女桔梗の学名は、Campanula portenschlagianaなので、カンパニュラといってもいいけど、やっぱり可愛く、乙女桔梗と呼んで欲しいもの。
 5月の始めに咲き始め、5月いっぱい花をつけてくれるのですが、注意する点が二点。
 一つ目は雨に当てないこと。花があっという間にダメになっちゃう。
 二つ目はナメクジ。ちょうど今ぐらいから、活発に活動し始めて、乙女桔梗の花が好きみたいで、一晩で、無残な姿にされることもあります。グリーンベイト等の駆除剤を回りにまいておくと安心です。
 花がやられやすいことを除けば、育てるのは超簡単。土も選ばないから、6月の終わりに株分けをすれば殖えていってくれます。もちろん、鉢に植えっぱなしでも、毎年5月にはいっぱいの花に再開できます。(写真のお花は5年目のお花。)
 乙女桔梗の花言葉は、感謝・誠実。その通りね。あたしもあなたの誠実さに、感謝していますよ。
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-21 23:01 | お花