カテゴリ:飲み物( 10 )

さびない体のために、VEGETERIA

 最近お疲れ気味のあたし。この前、情報収集で東京駅についたころには、重い資料を持ってf0055329_23582951.jpg歩き回ったものだから、疲れてヘトヘト、のどもかわいてました。飲み物でも飲もうかなと、大丸の入り口近くをキョロキョロきょろきょろしてると、ビタミンチャージのジュースを売ってるお店を発見。VEGETERIAっていうんだ、どっかで聞いたことあるけけど、どこだったろう?
 どれにしよう?どれもけっこういいお値段ね。あ、山ブドウのジュースがあるじゃないの、岩手の山ぶどうなのね。フッ!コピーが”さびないカラダに”だなんて、あたしにピッタリ。これは飲まないとダメよね。
 おお~、すごい紫色で、ポリフェノールが存分に入ってそうですね~。
 あ~、とてもさわやかな酸っぱさの中に少し渋みがあって、とっても美味しいです。大人のジュースだね。タネも一緒にミキシングしてるんだね、プチプチしたところがまたおもしろいですよ。とってもいいジュースなんだね、体が美味しいって言ってるみたいで、どんどん飲めちゃいます。あ~、疲れがとれていくみたい。
 VEGETERIAって、RF1のロック・フィールドがやってるお店だったんだね。そう言えば、京急百貨店にもあったわ。よし、ポリフェノールは十分取れから、次はビタミンCのアセロラ&あんずをいただきましょうかね。

ではデータです。
店名:VEGETERIA
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店B1
品名:岩手のポリフェノール充実 山ぶどう M
値段:450円(税込)
評価:4.0
[PR]

by ca_sanno | 2006-11-11 23:58 | 飲み物

香り高く健康にいい韃靼そば茶に、また会っちゃいました♪

 京急百貨店の催事では、全国の色々なお店に出会えていますが、何年も通っていくと、定期f0055329_23404714.jpg的に出会えるお店があります。でも今日紹介するお店との再会はいつも不思議です。
 二年前、今日は早くお家に帰ろうと思いながら、電車に揺られうとうとしていると、しまった、降りなきゃあ、と飛び降りたのはいいけど、上大岡。振り向くとドアは閉まって、電車は動き出していました。しかたがないな、京急百貨店に行ってみようかと、目的もなくとぼとぼ降りていくと、来てたのです。岩手の韃靼そば茶のお店の小川製菓さんが。その当時は、まだ韃靼そば茶は珍しく、あたしも知りませんでした。試飲させていただくと、ものすごく香りが良くて、ほんのり甘くて美味しくて、それはもうビックリしました。
 そばには、毛細血管を丈夫にしたり、動脈硬化、糖尿病を予防する効果があるといわれているルチンが入っていますが、韃靼そばには通常のそばの100~200倍多く含まれているそうです。美味しくて健康にいいので、お家と会社で飲んでいました。
 そして一年後、何の用事があるわけでも、トイレに行きたいわけでもないのに、何故か上大岡で降りたくなって、京急百貨店に行くと、小川製菓さんの韃靼そば茶に再会できたのでした。とっくの昔に飲みきってたので、とってもうれしかったです。
f0055329_023911.jpg そしてそして、先週、また何となしに上大岡に降りて、京急百貨店に行くと、やっぱり小川製菓さんが来てて、今年も韃靼そば茶を手に入れることができました。
 今日、会社でいれてみましたが、相変わらず香りが良く、またきれいな黄色です。この黄色はルチンの色なんですね。韃靼そば茶はノンカフェインだし、お湯を注ぎ足せば、4回ぐらい楽勝で飲めるので、とってもお得です。
 うん、やっぱり美味しい。また来年も会えるかな?

ではデータです。
店名:有限会社小川製菓
住所:岩手県下閉伊郡岩泉町門字上平42番地
TEL:0194-25-5212
品名:韃靼そば茶
値段:1050円(税込、1000円におまけしてくれました。)
評価:4.6
[PR]

by ca_sanno | 2006-10-19 23:58 | 飲み物

ポットとマグカップ

 地元バトンを無理やり指名してしまった、バツ1女課長のお気楽日記 ピンクのルージュとハートのアンクレットの、女課長ことmiemomoお姉様、とてもやさしい方なので、すぐにやっていただきました。ありがとうございます。
f0055329_0424569.jpg miemomoお姉様の今日の記事が、会社で使われてるマグだったので、クッスッと笑っちゃいました。記事の内容もとってもおもしろかったんですが、実は、あたしも今日の記事のために、会社で使ってるマグと、ポットをアップしようと準備してたところだったのです。う~ん、記事の方向は豪快に違うけど、なんだか嬉しい。
 さて、あたしが使ってるポットはこのポット。二人用ですが、普通のティーカップだと三杯くらい入るでしょうか。でも、朝にEmに入れてあげるニャン子のマグカップは、巨大なので、いっぱいいっぱいに入れてしまうとちょうどなくなっちゃいます。一度入ったお茶は、お湯を注ぎ足してあげると、美味しい紅茶がいただけます。
f0055329_144331.jpg このティーポットに最初に出会ったとき、白地に可愛い絵柄が気に入っちゃいました。また、可愛いだけじゃなく、持ちやすいし、割りと肉厚なので、ポットを温めてから紅茶を入れてあげられそうだってのもあります。
 このポットで入れたお茶を入れるのが、このマグカップ。ブチの三猫、可愛いです。名前は、Tamaと、mieと、Genkiだそうです。ん、やっぱり真ん中は、mie様でしたか。少し小ぶりのマグカップですが、お茶を飲むにはちょうど良い量だし、重くもなくて、持ちやすいので気に入ってます。
 このティーポットとマグカップを机の上に置いて、紅茶を飲みながら仕事をしています。
 かなり目立ってますが、可愛いからいいよね。
[PR]

by ca_sanno | 2006-10-07 23:59 | 飲み物

B型山羊座のEm、楽しいひとです。

 先週の朝、いつものように、Emに紅茶を入れてると、急に、
Em:Caさん、紅茶のティバックでいいところありませんかね?
あたし:何?いきなり?そうね~、いくつ欲しいの?箱がいいの?贈り物?
Em:実はCaさんに言わないといけないことがあるんです。
f0055329_1244617.jpgあたし:(ん、このパターンは、いつもの・・・)何?
Em:私、来月結婚することになりました。その引出物に紅茶を考えてるんです。良いとこないですかね?
あたし:そう、おめでとう。お相手は、ずっと付き合ってた彼?良かったね~。そっか、じゃ、あんまり大きいとダメなんだね。マルシェのTB・マスカットはどう?六個パックで300円。テトラポット型で入れやすいし、前にいれてあげたよね、美味しかったでしょう?
Em:Caさんには色んな紅茶をいっぱいいれてもらってるので、どんな味が忘れちゃいましたよ。
あたし:そう、この前届いた一袋あげるから、自分でいれて、味を確認してみよ。入れる時間を間違えないでね。2分だからね。

 Emは牡牛座のあたしと100%好みが合う、
B型山羊座。違うのは、好みの順番だけで、話してると、そのまま舞台に立てるんじゃないかと思うくらいのお笑いコンビ。
 Emは見た目、どうしようもなく頼りなさそうなので、大丈夫?といつも思っちゃうんだけど、無f0055329_1275627.jpg理でしょう?と思う仕事でも、難無くこなす、すごいやつ。お茶葉大を出て、門が赤い大学の大学院に進んだ、才女なんですね~。

 でもそこは、B型山羊座。行動が一味違います。前に、自由が丘で飲み会をしたとき、グテングテンに酔っぱらってたので、タクシーに押し込み、運転手さんに「埼玉(当時2時間かけて通ってたの)まで、どんなことがあっても降ろさないで。」と言って送ったら、
 途中、お金が無いから降ろせと暴れ、タクシーを脱走。電車に飛び乗ると、横浜方向で、しかも最終電車。結局、横浜の地に降り立ち、途方にくれてると、メールが届きました。
 見ると、彼から。「『Emのお母さんから、Emが帰ってこない?居所知りませんか?』と聞かれたけど、どこにいるんだ?このメールを見たら連絡しろ。」とのこと。
 Emは彼に電話して、電車を間違え横浜にいること、もう電車がなくて、お金がないから、タクシーで帰れない、と伝えました。
 すると、東京で残業してた彼は、タクシーで横浜までEmを迎えに来て、埼玉に送り、そして東京の会社に帰って、残業をしたとのこと。なんて優しい彼なんでしょう。いくらEmの扱いに慣れてるとは言え、常人がとてもできることではないです。

 さて、翌日、Emがやって来ました。
Em:Caさん、あの紅茶、すごくいいです。マスカットに決めました。お願いします。
あたし:そう、2分守ればいいだけだから、おいしくはいったでしょう?
Em:それが、待ちきれなくて1分ちょっとで出しちゃった。でも美味しかったですよ。
あたし:あれだけ言ったのに。結婚したら間違っちゃダメだよ。

 ということでマルシェに、今週、紅茶を届けていただくことにしてもらいました。結婚祝ということで、お安くしていただいたし、良かったね。
[PR]

by ca_sanno | 2006-09-19 23:58 | 飲み物

マルシェの紅茶だらけでうれしい~。

 あたしが紅茶を本格的にはじめたのは、会社に入ってからでした。学生の頃はコーヒー党でしたが、さすがに会社にあたし用のコーヒーメーカーを置けない。ティーポットは、隣の部の部長さんが毎朝ご自分で入れられてたのを目撃してたので、あたしもティーポットを持ってきても大丈夫だろうと、はじめることにしました。
 でも知識も、ティーポットも、カップも、何より紅茶がない。
 そこで最初にとったあたしの行動は、二子玉の高島屋の紅茶売り場に、土曜の10時に尋ね、「あの~、すみません、紅茶をはじめようと思うのですが、一から教えていただけませんでしょうか?」と、店員さんに聞いたのでした。土曜の朝早くには、お客はいなかったので、紅茶の詳しい店員さんに、紅茶の種類から、お湯の話し、茶葉をみてだす時間の決め方など、実際に入れて飲みながら、一時間ぐらい教えていただいたきました。店員さんには感謝です。優しく、分かりやすく教えていただいたので、今では喫茶店の紅茶よりも美味しいかも?ってくらいに紅茶を入れられるようになりましたし、何より、紅茶が好きになれたのが嬉しいです。
f0055329_085264.jpg

 さてさて、こうして紅茶大好きになったったあたしの会社の中の紅茶が20種類をきってしまったので、マルシェの紅茶を注文しました。いや~、こんなにあると、もう嬉しくなっちゃいますね~。
 マルシェは紅茶の卸をされている会社で、みなさんがご存知の有名な紅茶屋さんや、喫茶店に卸されているそうです。
 そんなマルシェと知り合ったのは、仲町台にその昔、マルシェの社長の奥様(オーナー)がTea Galleryr Le Marche(ル・マルシェ)という紅茶専門店を尋たときから。オーナーとは、紅茶の話や世間話など、お邪魔するたびに一時間以上話しこんじゃってましたね~。楽しかった。お勧めの紅茶や、各月の名前の茶葉を見せてもらって、試飲すると、どれも欲しくなっちゃうんですよね~。いつもオーナーには、「買いすぎです。」と注意されてました(笑)。
 卸しの仕事が忙しくなりすぎて、お店を閉められたのが残念ですが、こっそりFAX注文すると、あたしのお家に卸してくれます。ちなみにこれだけ買って、送料、消費税込みで、6000円かかりません。
 さて、今日届いた紅茶、どれから入れていこっかな~♪
[PR]

by ca_sanno | 2006-09-09 23:58 | 飲み物

今年のマーガレット・ホープのファーストフラッシュは良いです。

 先日、京急百貨店のBF1で紅茶を売っている特選品館の店員さんに捕まっちゃいました。(笑)
 こちらには、あたしの好きなWHITTARDやHEDIARDの紅茶を50gから販売してくれてるお店で、最初に見つけたときには、いっぱい種類が見れて、楽しくてしかたありませんでした。また、小さなサンプルビンに茶葉が入っているので、茶葉の様子や、香りを見ることができ、この紅茶は3分43秒ぐらいかな?とか、この紅茶はどっしりしていて、モンブランにあうかな?とか、思い巡らせてました。 すると店員さんが話しかけてきました。
店員:いい香りの紅茶ですよね。
あたし:そうですね、でもこの一番強い香りは、入れると、お湯に溶けて感じなくなりますよ。甘い香りの方はお口に入ると広がっていきますよ。
f0055329_23375374.jpg店員:えっ、そうなんですか?そういわれれば、入れた紅茶は、甘い香りで、この茶葉の香りと違いました。
あたし:この紅茶はとってもいい茶葉ですよ。多分、長く入れてても渋くはなりませんね。でも、3分20秒ぐらいかな、一番美味しいのは。
店員:へ~、そうですか。
あたし:お茶が、甘いから、ケーキに良くあいますよ。
店員:飲まれたことがあるのですか?
あたし:いいえ、飲んでませんが、茶葉を見れば分かりますよ。
 それ以来、お店の前を通ったときに、新しい紅茶が入荷してたりすると、声をかけられ、その紅茶の品質や、セールスポイントについて、コメントを求められるようになりました。美味しい紅茶に出会える確立が高いんだけど、帰りには、「紅茶についてまた教えてください!」って言われたりして、逆な気がするんだけど。
f0055329_23381627.jpg で、今回は、今年のWHITTARDのダージリン、ファーストフラッシュが入ったとのことでした。茶園はいつものように、マーガレット・ホープね。
 茶葉を見て、香りをかいでみると、今年のできはすごくいい。若葉がきれいな緑色で、形もいいわ。去年のファーストフラッシュは力強すぎて、ァーストフラッシュらしくなかったけど、このお茶は繊細な味でしょうね。これは買いでしょう。ありがとう、声をかけてくれて♪
 翌日の朝、会社で入れてみました。クセのないさわやかな味と香り、水色もきれいで言うことなしです。
 う~ん、期待以上のお茶ですね~。こんな美味しいお茶を飲みながら、一日の仕事をスタートできるなんて、なんて贅沢なんでしょう。
ではデータです。
メーカー名:WHITTARD(ウィタード)
品名:ダージリン・ファーストフラッシュ(マーガレット・ホープ)
買ったお店:特選品館(京急百貨店地下1F)
値段:1150円/50g
評価:4.5
[PR]

by ca_sanno | 2006-06-23 23:45 | 飲み物

La Maison d'Epice(ラ・メゾン・デピス)はきれいで美味しい

 ワールドポーターズ4Fには、家具や生活雑貨が色々あって、見ているだけでもとっても楽しく、隅からすみまで回っていると、片隅に、紅茶屋さんを見つけました。
 4Fで、しかも家具売り場の隣りね~。こんな場所じゃ、お客さんわかんないよ。多分、お茶もダメだろうな、でもせっかく来たことだし、見てみようか。
 で、店頭の茶葉を目にした途端、あたし感じちゃいました。この茶葉、絶対、間違いなく美味しい!だって、茶葉がこんなにきれいなんだもの。
 うわ~、きれいだな~、この茶葉なら、強めの味にでるから、、と思いながら、茶葉を握り締めて、じ~っと、じ~っと見つめていると、奥から店員さんが紅茶を入れてきてくれました。
店員:グリーン・マスカットティーです。当店自慢の紅茶です。
f0055329_1263627.jpgあたし:(アイスか~と思いながら一口) え?!何なの、この口の中に広がる爽やかな甘さと、上品なマスカットの香りは?
店員:(ニッコリ笑いながら) いかがですか?
あたし:このお茶すばらしいですね!アイスの場合は、口の感覚が鈍くなって茶葉の味が分からなくなって、強烈な香りやなんかで誤魔化されるから好きじゃないけど、このお茶は繊細なのに力強く、それでいてでしゃばらない甘い味と、ゆっくりと変化していく香りのハーモニーは、口に入れてからも 飲み終わった後もとっても心地よい。最高の一杯ですね。茶葉はこれ?やっぱりきれいだな~。こんなきれいな茶葉に出会えて幸せ~。
店員:ありがとうございます。香りを誉めて下さる方はいらっしゃいますが、茶葉がきれいと誉めて頂いたのは初めてです。他のお茶も入れてみましょうか?
あたし:いいんですか?それじゃ、Cocoと、Pear(洋ナシ)が飲んでみたいのですが。
f0055329_1232520.jpg店員:(嬉しそうに)順に入れていきますね。
 それからあたしは1時間もかけて試飲をたっぷりして、たんまり紅茶を買い込んでニコニコになっちゃいました。
 Coco(写真)は、茶葉の中にココナッツが入っていて、とってもクリーミーな甘いお茶。ミルクを入れて飲むと、なおいっそう美味しさが広がってきます。こんな美味しいミルクティーは、飲んだことがありませんでした。
 Pearは、洋ナシの香りが口の中にも広がっていっていき、その香りに負けない紅茶の美味しさはたまりません。どんなケーキにも合う、万能の紅茶で、とても重宝しています。
 これらの紅茶は、ホットがとても美味しいし、アイスにしても味や香りを存分に楽しめます。特に、水で、8時間かけて入れた紅茶は、冷やしてもにごらないので、とっても美味しくて、すてきな飲み物。これからの季節に欠かせません。
ではデータです。
店名:La Maison d'Epice(ラ・メゾン・デピス) 横浜サロン・ド・テ
住所:横浜市中区新港町2-2-1 横浜ワールドポーターズ4F
TEL:045-784-3112
品名:Coco、 Green Muscat、Pear
値段:750円、750円、700円
評価:4.2、4.0、4.8
[PR]

by ca_sanno | 2006-05-26 23:46 | 飲み物

216 THE STRANDのクラシック ペコ

 ちょっと早めに帰れたので、横浜高島屋に何かないかな~と探しに行くと、地下食料品コーナーの入り口に、紅茶が並んでいる。おや、あたしの知らないブランド?THE STRAND?ストランドかf0055329_2262998.jpgな?なになに、
「英国で最初の紅茶専門店として、茶葉の量り売りを始めた「ゴールデン ライオン」誕生の地、ロンドンストランド216番地の名が由来。・・・」
 へ~、そうなんだ。由緒正しそう。でも本場の味って、なかなか合わないことも多いから危ないんだよね。う~ん。どうしよう。
店員:あの~、お客様。紅茶お好きですか?
あたし:はい、とっても。会社の机の上には、ティーポットがあります。
店員:それではぜひ試飲してみてください。こちらはアッサムのミルクティーです。
あたし:う~ん、甘い、とてもしっかりしたお茶ですね。
店員:こちらもどうぞ、ダージリンです。
あたし:ワォ、これもいいお茶ですね。素敵な香りと、しっかりと深い味わいで、最後に残る渋みも悪くありませんね。こちらのお茶の特徴は何なんでしょう。
店員:これらの紅茶は、実は日本の水に合うように、ブレンドし直しているんです。
あたし:エ~、それはすごい。実はあたしも思ってたんですよ。欧州の水は硬水で、日本は軟水なので、輸入品の中にはうまく入れられないのがあるんですよね。
f0055329_2265613.jpg店員:ブレンドし直しているので、渋くなりにくく、冷めてもおいしくいただけると思います。
あたし:それなら多分、二度目のお湯を入れたのも、美味しいでしょう?
店員:その通りです。忘れてました。
あたし:このクラシック ペコが気になってます。
店員:これは、昔ながらの、中国から欧州に紅茶が伝わった当時の味で、茶葉を丸く仕上げてます。
あたし:へー、ペコが大きいからですかね?そういえば中国茶でそんなお茶ありますね。おもしろい。一つください。
店員:ありがとうございます。
 さっそく、会社で、朝の紅茶を、お茶好きのKumを誘って、入れてみました。茶葉が丸く仕上げられている紅茶を入れる量は見た目少なめにしないと、茶葉が膨れるので、このくらいかな?とティーポットに入れ、お湯を注いで待つこと3分と15秒。あたしとKumのカップに少し注いで、テイスト。
あたし:うわ~、これはお茶を紅茶にしたって感じの紅茶だね。しっかりとした味わいで、香りもいいね。
Kum:甘いですよ。好きな紅茶になるかも?どこに売ってるんですか?
あたし:11日まで横浜高島屋に出店してるらしいよ。
Kum:行ってみようかな?
 その後たっぷりと、二人のマグカップに紅茶を注ぎ、もう一度ティーポットにお湯を追加して、デスクに持って行き、優雅で嬉しくなる朝の一時を楽しめたのでありました。

ではデータです。
ブランド名:216 THE STRAND (216 ザ・ストランド)
買える場所:横浜高島屋紅茶コーナー、高島屋日本橋店他
品名:クラッシック ペコ
値段:700円
評価:4.4
[PR]

by ca_sanno | 2006-04-07 02:33 | 飲み物

Wak飲んで、マリアージュ フレール、オペラ

 同じ会社のWakとは、ひょんなことから仲良くなりました。
 それは、金曜日に装置の予約を入れ、日曜日に、会社に出てきて装置の電源を入れ、ウォーミングアップをしている間に、自分のデスクのPCでメールチェックをして帰ってくると、装置の前に誰か座ってるよ。だれだろう?ん、Wakか?困ったな、人見知りの激しいあたしは、初対面の子と話すの苦手なんだけどな~。と椅子の30cmまで近づいてもまだ気がつかない。しかたがない。
あたし:あの~。もしもし。
Wak:こんにちは。
あたし:予約は?
Wak:~、ごめんなさい。日曜なんかに会社に出てきて測定する人なんていないと思ってて、~、そういえば電源が入っていましたね。~さん?が入れたんですね。
f0055329_16231919.jpgあたし:ごめんね。大体、2時間ぐらいしたら終わるから。
Wak:いいですよ。別の仕事してますから。
 ということで、2時間後、あたしの測定は終わり、Wakと交代。あたしはデスクで、測定結果の分析をし終わる頃には5時になってました。買ってきたパンが余ってるし、お茶でも入れようかなと、ティーポットとカップとマリアージュ フレールのオペラを抱えて、給湯室に行く途中の装置の前に来ると、Wakはまだ測定を続けていました。
あたし:もしもし、Wakさん、お茶でもいかが?おなかがすいたらパンもあるよ。
Wak:エ~、いいんですか~。実はお昼食べてなくて、外に食べに行こうかな~と思ってたんですが、かったるくなってきて、このままでもいいかな~と思ってたんですよ。
あたし:じゃ、パンをあげるよ。フランスの緑茶だけどいい?
Wak:ア、はい。ありがとうございます。でもコップがないんですよ。
あたし:じゃ、あたしの控えのカップを貸してあげるね。
 マリアージュ フレールはいわずと知れた、フランスの紅茶屋さんですが、そのオペラはステキな香りがする緑茶なの。ケーキを食べるときも、パンなんか食べるときにも意外に合うものなのです。そのお茶を入れてあげて、パンとお茶をWakにあげ、あたしはデスクに戻って、お茶を飲みながら仕事を片付け、6時前に帰り支度をして、また装置のところに行くと、Wakは相変らず測定をやっておいりました。

あたし:もう帰るよ。お腹の足しになった。お茶どうだった?
Wak:こんなに美味しいお茶を飲んだことなんてありませんでした。ありがとうございます。もうチョットかかりそうなので、とても嬉しかったです。
あたし:それは良かった。じゃ、無理しないでね。

 で、あたしは帰りました。翌日、Wakとばったり会うと、
Wak:Caさん、昨日はありがとうございました。あんなに親切にしてくれてとても嬉しかったです。
あたし:それは良かった。で、昨日は何時までやったの?
Wak:11時半まででした。すご~く美味しいお茶を飲めたので、頑張れました。
あたし:じゃ、飲まず食わずで、一日測定するつもりだったのね?Wakって、Wakって、かわいい。
 Wakを頑張らせることができたマリアージュ フレールのオペラは偉大だ。Wak、またお茶を入れてあげるからね。
[PR]

by ca_sanno | 2006-03-15 02:39 | 飲み物

紅茶をいれてあげる楽しみ

 あたしは紅茶を入れるのが得意です。特に、気心の知れたひとに、天気や体調を気を考えながら、入れてあげるのが好き。会社で毎朝、お茶を入れてあげているEmは、とても良いお客様。ファミコン(PSじゃないの?)のやりすぎか、朝はとっても眠たそうな顔をしたりしてくるので、紅茶選びも楽しい。(Emはあたしが今まで見てきた後輩(Emは入社2年目なのだ)の中では一番かもしれない?能力を持っているから、いい仕事をしてもらいたいしね。(見た目、まったくそう見えないところが好きなのよね。))
 美味しいお茶を入れるのは、そんなに難しくありません。
  ①美味しい茶葉を用意して、
  ②ティーポットをお湯で十分温めて、
  ③茶葉を適量ポットに入れて、
  ④沸き立ちのお湯を愛情を込めてティーポットに一気に注ぎこみ、
  ⑤決められた時間待てば
f0055329_2061733.jpgできあがり。紅茶の味は、②、④、⑤でかなり変わるので気をつけましょう。③は同じ茶葉を何回か試してみると、コツはつかめると思います。
でもやっぱり、紅茶の味を左右するのは、茶葉。これを見分ける自信はかなりあるのだけど、その選び方はまたの機会にまわします。今回は京急百貨店BF1の特選食品(アトリエ・ド・リーブの隣の紅茶屋さん)で売られていたエディアールの紅茶100g500円(超お買い得。ただし賞味期限は今年の6月)のブルーガーデンを買って、Emに入れてあげました。やさしい甘い香りと、甘みのある味がステキでした。特に、少しさめてからの方が、良い味が出してくれたので嬉しかった。(紅茶の味は、熱々のときよりも、少しさめたときに差が思いっきり出るのです。)
 会社の机の中の茶葉を23種類まで減らしたのに、また1種類増えちゃった。どうしよう?美味しいから、まっいいか~。
[PR]

by ca_sanno | 2006-02-01 23:10 | 飲み物