ブルーデージー、元気です。

 今日はいい天気でしたね。曇っていたけど、おかげで紫外線も少なく、外に出るのが気持ち良かったです。今年の四月は気温が低かったので、春のお花がとっても元気です。気温が高くないと、アブラムシや毛虫、ナメクジも挑戦的じゃないので、それほどお花がやられません。
 好みというのは変わるもので、前まではキク科のお花は好きじゃありませんでした。でも去年デージーを初めて育ててみて分かったのは、まずお花が可愛いこと。弱そうに見えるけど、けっこうと言うよりもかなり強くて、とっても元気であること。育てるのがらくちんで可愛い。うん、あたしのお家で育てるのにはいいお花たちじゃないの。
f0055329_011384.jpg

 このお花はブルーデージー、その名の通り、青いお花です。このブルーデージーは2月に小さな苗で買って、6号の鉢に植えたのですが、こんなに大きくなってくれました。原産国f0055329_030135.jpgの南アフリカでは1mまで大きくなるそうです。さすがに1mは大きくなりすぎるけど、もうちょっと大きな鉢にしてあげたら良かったかな。
 ブルーデージーは根のはりがメチャメチャすごくて、お水をすごく欲しがります。(やっぱり鉢が小さかったかな。)ブルーデージーは日光もメチャメチャ好きです。と言おうか、日が当たらないとお花はクシャンとなって、元気がなくなります。これは水がきれはじめたときでも同じです。なので、朝にお水をたっぷりあげて、日の光をたっぷり当ててあげると、花びらをいっぱいに開いた元気なお花を見せてくれます。
 ブルーデージーの花言葉は 「幸福」・「恵まれている」。はい、あなたがあたしのお家に来てくれて、きれいなお花を見せてくれて、あたしは幸せですよ。
[PR]

by ca_sanno | 2007-04-23 23:59 | お花