白いお花がとってもきれいです、イベリス

 今日は昨日よりもさらに寒かったですね。毎日雨は降るし、いい加減にしてほしいところです。
 あたしは黄色いお花と、白いお花が好きなのですが、今の時期、イベリスがとっても元気に真っ白のお花を咲かせてくれています。
f0055329_23241055.jpg

 イベリスは寒さにも暑さにもとっても強くて、この鉢は二年目です。春を感じたら、どんどん大きくなって、しらないうちに真っ白なお花でいっぱいにしてくれてました。イベリスはアブラナ科のお花ですが、横から見るとなるほど、アブラナみたいな花のつき方をしていますね。
f0055329_23281115.jpg

 アブラナ科のお花は、上へ上へと伸びていくとともに、下の方の枯れた花はタネをつけてきます。タネができるとそちらに栄養が行っちゃうので、適当なときに切り戻してあげるとお花が長く咲いてくれます。
f0055329_2345457.jpg イベリスの名前は故郷のスペインのイベリア半島からきてるそうです。自生しているらしいです。英名はキャンディタフト(Candytuft)。そう言われてみれば、お花が砂糖菓子に似てますね。さすがに食べようとは思わないけど。
 イベリスのの花言葉は「心を引きつける」。そう、真っ白なあなたはとってもきれいで、いつまで見続けても飽きることはありません。6月いっぱいきれいなお花を咲かせてちょうだいね。
[PR]

by ca_sanno | 2007-04-18 23:46 | お花